爆買い!!! 6歳 Destiny6

天命歴

おはようございます。

胎内記憶教育Ⓡの観点から、あなたが決めてきた《いのちのやくそく》を紐解くコーチ・

マスターふぅです。

50日チャレンジ 私というカラダ・ココロを作った軌跡、世界観を毎日1投稿で綴ってゆきます。

毎朝9時に投稿してます。

自由な幼稚園に通い始め、一人の時間を楽しみながらも、仲良しの友達も出来始めた。

バス通園だったので、近所の友達と帰宅してから遊ぶパターンが多かったかな。当時仲良しだった友達の中には、高校まで一緒の友達も数人いたし、その子達とは、お互い子供が出来てからもお付き合いが続いてるご縁もある。

これは、写真が残っているから覚えているんだろうけれど、その当時からカルビーのポテトチップスはあったみたい。でも確か新製品で、それまでは、かっぱえびせんか、おにぎりせんべい、はたまたいつもおじいちゃんのそばにあった 羽衣あられという少しお高い塩味のお菓子しか知らなかったので、あのポテトチップスの軽い食感は衝撃的だった。家にそれがあると小躍りしてしまう感じ♡

当時のお菓子は、今ほど種類もなかったので、プリッツやポッキーも大好きなお菓子だった。

森永のチョコボールのおもちゃの缶詰は、姉や私が近所の駄菓子屋さんで、くちばしに金のエンジェルや銀のエンジェルが出るのを楽しみ買っていたのを見ていた母は、

『同じ買うなら、卸売団地のお菓子の問屋さんでチョコボールを1ケース買っええ、必ず1ケースに1箱は銀のエンジェルが入ってる。そしてたまには金のエンジェルもある!』と言って、豪快に数ケース買ってきて三人でイッキに開封する。という子供の夢も何もあったもんじゃない我が家www。

大人買いという体験を子ども時代に味わってた。(お金は払うのは親でしたが)

ここでは、欲しいものが手に入ると言う甘やかされた感は全くなく、私としては母と一緒に楽しめた。という事の方が大きかった思い出。

でもこの遺伝子って、私にも脈々と流れていて、私も『どーせ買うんのなら効率的に』って買っちゃう。これは大阪人のせっかち気質⁈そもそもせっかちというのが、これに当てはまるのか不明ですがwww

一番最初からご覧になるにはこちらのボタンから

前回のお話は、こちらのボタンから

次回のお話は、こちらのボタンから

✧♡destiny✧♡✧♡destiny✧♡✧♡destiny✧♡✧♡destiny✧♡

只今、オンライン、リアルでの胎内記憶教育基礎講座をリクエスト開講しています。

詳しくはコチラhttps://coaching-belloeut-foo.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました