大人になり切れない親と子 destiny24

在り方

おはようございます。

胎内記憶教育Ⓡの観点から、あなたが決めてきた《いのちのやくそく》を紐解くコーチ・

マスターふぅです。

50日チャレンジ 私というカラダ・ココロを作った軌跡、世界観を毎日1投稿で綴ってゆきます。

毎朝9時に投稿してます。

ダイビングで生計を立てる夢は、父の一笑で壊れ。

元々、何が何でも、誰に反対されようが絶対夢実現するぞ!!!的な情熱も覚悟もなかった私は、普通に学生課の掲示板に貼られていた求人を見て、会社を見つけ就職をした。

その会社は、主に商店建築の内装施工やら、コンサルタントをしている東京の会社。

私は、お店のディスプレイやらしたかったのですが、会社入ってみてビックリ、そんな装飾は一切していなくて、もっと躯体(建物の本体)に近い造作内装の設計施工をしている会社でした。

父は、証券マンだったので、事前に、その会社の業績やらを調べていたらしく、それを私に教えてくれた。が、私はとても素っ気なく、『余計な事せんといて!』と怒り、父も父で『せっかく調べてやったのに』的な売り言葉に買い言葉で、険悪なムードになったのを覚えています。

あーっ、分かるんだな。今ならどちらの意見も

私は『誰も頼んでないのに、勝手な事せんといて』

と言った覚えもあります。

父が亡くなって23年経つが、未だにこの一件を思い出すことある。

でも、父に分かりやすい反発が出来たのも、これが初めてだった

結局、言いたい事を言えたとしても後悔。

言えなかったとしても後悔。

心の根底に、そもそも強固な信頼関係が築けてなければ、表面に出てくる言葉や行為で破綻してしまう。

相手(子供)に関心を持って、よーく相手を見ていくことが出来たら、理解しょうと試みたらそんなことなかったんだろうな。

だから、私は小さな時から

親と子供がお互いを認め合い、自信を持って、お互いの可能性を信じてニュートラルな関係を構築出来たら、従来のように親が子に『教える』という上下関係ではなく、お互い切磋琢磨し、お互いの成長を応援し合えるような同士であれば、ある程度の年齢になった時に、気持ちよく親離れ子離れが出来るのではないかと考えている。

そんなコンテンツを6月末までに作り上げるのを、今年の上半期の目標に掲げよう!!!

コンテンツの名前はGoldenGlow講座(思いつきで名前浮かんだwww)

一番最初からご覧になるにはこちらのボタンから

前回のお話は、こちらのボタンから

次回のお話は、こちらのボタンから

✧♡destiny✧♡✧♡destiny✧♡✧♡destiny✧♡✧♡destiny✧♡

胎内記憶教育基礎はリクエスト開講しています。

あなたのスケジュールに合わせてご受講できます(リアル講座&オンライン講座)

詳しくはコチラhttps://coaching-belloeut-foo.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました