英会話destiny31

在り方

おはようございます。

胎内記憶教育Ⓡの観点から、あなたが決めてきた《いのちのやくそく》を紐解くコーチ・

マスターふぅです。

50日チャレンジ 私というカラダ・ココロを作った軌跡、世界観を毎日1投稿で綴ってゆきます。

毎朝9時に投稿してます。

カナダに行きたかったのは、単純に友達がワーキングホリデーで行き、その後2年ほど学生ビザで滞在した話を聞いて『私も行きたい!!!』と思ったから。

あーっ、結婚してなかったらワーキングホリデーでも行きたかったなぁ。。。とは思ったけど私は例の印籠をかざして、夫を頷かせた。実家の父は半分呆れ顔だったけれど、父は父で私を羨ましく思っていたに違いない。

父は、英語が大好きで、英会話塾を何十年も通い、家に居てる時もバイリンガル音声、若い時は商社マンになって海外を股にかけて仕事をするのが夢だった。でも結核を患いその夢は崩れ去った。

でも本人曰く『食べ物が合わないのは困る』と言っていたので、自由に海外旅行に行ける状況になったも、言い訳をして海外にむく勇気がなかっただけかもしれない。

話しは戻って、実家には一人カナダに行く話はしたが、宮崎の夫の実家には内緒で出かけた。

私にも多少なりの、常識(?)は持ち合わせていたみたい(笑)

カナダ行を決めてから、大阪の国際センターの掲示板に

英会話の先生(ネイティブスピーカー)求ム!!!

のチラシを可愛いイラスト付きで書いた。

すると、大変素っ気ないアメリカ人からと、人懐っこいイギリス人からコンタクトがあった。

そうして、ワンツーマンの先生を見つけた

一番最初からご覧になるにはこちらのボタンから

前回のお話は、こちらのボタンから

次回のお話は、こちらのボタンから

✧♡destiny✧♡✧♡destiny✧♡✧♡destiny✧♡✧♡destiny✧♡

胎内記憶教育基礎はリクエスト開講しています。

あなたのスケジュールに合わせてご受講できます(リアル講座&オンライン講座)

詳しくはコチラhttps://coaching-belloeut-foo.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました